ブライドルレザーの財布のお手入れ方法

美しい光沢が魅力で使いこむほどに味わいが増し、世界中にファンや愛用者がいるのがブライドルレザーの財布です。14世紀頃、イギリスで騎手や貴族のために作られた馬具の総称であるブライドルレザーは、伝統的な製法によって生み出され品格すら漂います。高級皮革と称されるこのブライドルレザーで仕上げた財布は、何度も繰り返しロウを塗りこむことで「ブルーム」と呼ばれる白い粉が浮き出ているのが特徴です。強度に優れ抜群の耐久性があり、きちんとお手入れをすることで長く使用することができます。皮本来の色やムラなどもそのまま活かして作られているため、一つ一つに異なる味わいや個性があり、長年使い込むことで自分の手に馴染んでさらに変化したオリジナルの財布になるのです。

最初が肝心!普段のお手入れ方法

真新しいブライドルレザーの財布は、他の皮製品には見られない「ブルーム」が浮き出ています。それは一目でブライドルレザーの財布と分かる、存在感と品質の証でもあります。この「ブルーム」が付いている頃は、それほど手入れに神経質になることはありません。柔らかい布で軽く表面の汚れを拭き取り、シューズブラシなどで細かい部分の埃を取り除きます。乾いた状態で力を入れずに優しく仕上げることで、傷をつけずに皮本来の魅力を引き出すことができます。丁寧に定期的にお手入れすることで、より長く美しい状態を保つことができ、特徴でもある光沢も増していきます。使い始めたばかりの新しい状態でクリームやワックスを使用すると、せっかくの艶感をなくしてしまう場合もありますので、最初は乾拭きに留めておくことが重要です。

本格お手入れも意外と簡単にできます

長く皮製品を楽しむためには、正しい小まめなお手入れが欠かせず、ブライドルレザーの財布もその例外ではありません。専用のワックスと柔らかな布を使い、全体に行き渡らせるように塗り込みます。少量を布に取り、十分に伸ばしてからきちんと全体に伸ばすのがポイントです。ムラがあるとシミになってしまう恐れがあるからです。ステッチ部分や折り目の部分は、特に丁寧に塗り込み油分を補給します。10分ほど放置して乾かしてから、別の布で乾拭きをします。皮の表面に艶が出てくるのを確認できるはずです。忙しい方は、汚れを落とし同時に油分も補給できるクリーナーが便利です。ゴシゴシ力を入れて擦ったり、一気に仕上げようとせず、そっと撫でるようにやや多めに塗り込み浸透させるのがコツです。ワックスと同様、最後は乾拭きで仕上げます。