ブライドルレザーの財布とは?

ブライドルレザーとは、フルグレインカウハイドと呼ばれる大人の牛の表面の皮を時間かけて天然植物エキスでなめし、そこに蝋をしみこませた皮革のことですが、このブライドルレザーで作られた財布が近年人気となっています。ブライドルレザーはもともと英国貴族の馬具に使用するために開発をされた皮革なのですが、それは命を預かる馬具に使用する為に、強度を高めた加工をしており非常に丈夫な作りとなっています。その作りは蝋をしみこませることによって皮革の繊維を引き締めて、頑丈で耐久性に優れた皮革へと変化をしていきます。このような理由から丈夫に作られたブライドルレザーは毎日使用する財布や靴、バッグなどとしても使われるようになり、その丈夫さと質の良さから幅広い年代の方に愛されています。

ブライドルレザーの財布の魅力とは

ブライドルレザーは牛革を使って作られていますが、他の革製品とは異なる魅力があります。先ほどもお伝えをした通り、もともとは馬具に使用する目的で作られた皮革ですが、その耐久性などが評価されて、財布などの小物の革製品としても使われるようになりました。そしてブライドルレザーは使い続ければ使い続けるほどに、とても面白みのある変化をする革製品となります。ブライドルレザーには蝋がしみこませてあります。そして蝋はしみ出すことによって白い粉や油分のような固まりが見られるのですが、それが摩擦などによって段々と落とされていきます。すると革の表面が革本来の光沢に加えて、蝋による光沢も加わり、独特の色合いを醸し出してくれて、むしろ購入直後よりも綺麗な見た目となっていきます。

ブライドルレザーはどのように変化するのか

ブライドルレザーの魅力として、長年使い続けることにより現れる、味や個性についてお伝えをしましたが、では、どのようにして変化をしていくのか見ていきましょう。まず初めにブルームと呼ばれる白い粉が落ちていきます。ブルームは使っていくうちに馴染んでいき、光沢と味わいを醸し出して行きます。ブライドルレザーは非常に丈夫で硬い皮革となっていますが、使い込むことで段々と柔らかくなっていきます。そのため財布の場合には厚みも変化をしていきます。2つ折りの財布は購入直後、少し厚みもあり、ポケットに入れると気になる場合もありますが、使い続けるうちに厚みも薄くなっていき、ポケットに入れても気にならないほどに変化をしていきます。他の革製品と比べると高価なブライドルレザーですが、長年使い続けるので、その点においては非常に評価の高い革製品となります。